ガールズトークでも、言えない

セックスレス妻 枯れないように頑張っている

エロイプ充

最近したエロイプが良かったんですよ。

今回はhttp://resobu.hatenablog.com/entry/2017/11/09/085521よりもちょっとエロ色が強めの書き込みにコンタクト申請出してみた。

具体的には、「Sです」と明記もしくはタグ付けしてある書き込み。

もちろん、「まずは雑談から」という条件も外さなかった。

今回もまず普通な雑談から始まったんだけど、だんだんエロ系の話にシフトしていくんですよね当然。

で、「欲求不満なの?」とか「何ヶ月くらいご無沙汰なの?」とか「よく使うオカズは何?」色々聞かれて、こっちも興奮してくるじゃないですか。

でもなかなか、核心というか、例えば「じゃあいつも一人でしてるみたいに、いま触ってみて」とかそういう言葉が来なかったんですよね。

もうめちゃくちゃ濡れてて触りたいんですけど、やっぱり相手から「触っていいよ」って言われないと触れないじゃないですか。

犬ってそういうもんじゃないですか。

でも本当になんか、ただちょっとエロいくらいのジャブみたいな会話が繰り返されてて、もうこの人今日はエロイプする気なかったのかな、通話切って自分でこれからオカズ探してひとりでした方が良いかなと思った矢先、急にGOサイン出たんですよね。

うわー、焦らしてたんだこの人!!

って思ってめちゃ興奮した(笑)

普通のトーンで雑談してる時間が長かったから、自分の喘ぎ声聞かせるのが超恥ずかしかった。

おねだりの台詞とか、上手にできないと何回も言わせるし、わざと「ごめん聞こえなかった」とか言うし、ちゃんとできるとしっかり褒めるし。

ひゃぁー、書きながらムラムラしてくる(笑)

いっぱい言葉で意地悪されたあと、褒められたときの心の充足感がハンパない。

何より、性器の呼び方の指示が元ご主人様と同じなのが良かった。

犬に単語登録してくれると、私めは喜ぶのだ。

そんな感じで色々と私のツボを抑えていて非常に捗りました。





おわり