ガールズトークでも、言えない

セックスレス妻 枯れないように頑張っている

女性用風俗レポ第4回おぱんつ

久しぶりの性感マッサージ行ってきた!!いつものように、予約の流れから書いていく。



〈予約まで〉

ずっと据えている、「リピート出来そうな人」というテーマで人・店を選んだ。

今回選んだお店は、各施術師さんのプロフィールページにできる事とできない事が細かく書いてあったので、好みのタイプが探しやすかった。

また、色んなオプションをつけてもこれまでのお店より安かった。

安いって言うのは不安要素でもあるけど、前の2回で変な自信をつけたので、ちょっと調子に乗ってみた。

あと今回もメール予約可能のお店だった!オプション付けた(笑)


〈待ち合わせ〉

そして当日になり待ち合わせの場所で待っていると、そこに現れたのは、




前々回と同じ人(^o^)



でした(笑)

お店も違う、プロフィールの名前も違うのに、そこにいるのは同一人物。

一瞬、頭が混乱した。

夜だから、暗くてよく見えなくて、見間違えたかな?と思ったけど、向こうも私のことを覚えてて「俺で大丈夫…?(笑)」と言われたので、やっぱり同じ人。

新規開拓のつもりだったのでどうしようか迷ったけど、キャンセルするほどじゃないなーと思って、「大丈夫です(笑)」と答えた。

前回もたくさんイかせてもらえたし、気持ちよくなれるのは分かっていたしね。


〈性感マッサージ〉

前回の時は違うお店で予約して、オプションも付けていなかったので、おもちゃ有りのオプションで改めて再会すると、めっちゃ恥ずかしかった。

そしてやっぱりシャワーから上がったら、下はパンツだった。

「短パン履いてほしい」と言うと、「持ってない」と……。

「普通みんなこのくらい薄着だよ」と言われたけど、普通じゃないと思う(笑)

テクに関しては前回同様申し分なく、たくさんイけた。

おもちゃなどのオプションは付けてはみたものの、この人とはオプションなしで普通の感じでしてもらうほうが楽しいかな、と思った。

やっぱり聞かれた、「○○ん○ん、挿れたい?」には、喘ぎ声に混ぜた「要らない(笑)」を返しておいた。

ダメ元で聞いてるだけかもしれないけど、やっぱり嫌だな。イくけど。

そんな感じで時間になって終了。

なんだかんだ書いたけど、気持ちよかった。

「気持ちよくなってもらいたい」っていう思いを感じる。

確かな品質。安定の満足度。

あと私がイくときに「イっちゃうんだ?」って言ってくれるのもこの人だけなのでなかなか貴重でもある。

「次も絶対お願いします!」と言うほどじゃないけど、たまに会いに行きたいな。


おっしまっい。


もっかい貼っとく(^o^)

評価する項目、作ろうと思ったけど必要ないな……。
私が店名を晒すことってないから。良い評価付けても記事読んでくれた人がそのお店に行けなきゃ意味ないもんね。